GPSによるスマートフォンの位置確認

GPSと連動したデバイスの位置確認により、外回り営業社員の行動を管理できます。

・定期的に端末位置を管理画面に表示することができます。
・位置情報把握と合わせて直行直帰の報告が可能。
・紛失や盗難にあった場合、SIMカードを抜かれると位置情報を特定できない場合がありますが、DAMSsyならWi-Fi環境につながった状況でも位置情報が更新されます。
・万が一の時にはDAMSsyプッシュ機能を通じて拾得者にメッセージ送信が可能です。

取引先などと交換をしたお客様の「名刺」は営業が持っている大切な資産です。しかし、その名刺を自分一人で蓄積していても活用範囲が広がっていきません。そこでDAMSsyに名刺交換で得たお客様の担当者名や電話番号、メールアドレスなどを登録して活用範囲を広げましょう。

DAMSsyであれば、お客様情報を全社一括のデータベースとして登録しておくことができ、さらにチーム全員にそのお客様情報を配信することが可能です。社内の人事異動や所属チームの変化などに合わせ、カテゴリ分けしたアドレス帳として配布することもできます。

お客様の住所情報だけでは、近隣に存在するお客様との位置関係がイメージ的に掴みにくいのではないでしょうか。しかしDAMSsyなら、お客様の住所情報を「クラウド住所録」に登録しておくだけで、Googleマップに「ピン」アイコンとして視覚化されます。これにより位置関係がイメージしやすくなると思います。

さらに、設定をした一定期間に未訪問のお客様に対しては「ピン」アイコンの色を変えることができますので、定期訪問すべきお客様へのアプローチ漏れをなくすことができます。

「ピン」アイコンが立つことでエリアごとにお客様がどのくらい存在するのか把握できるようになりますし、新規開拓の余地が残っているエリアも一目瞭然となります。

また、iPhone/iPadやAndroidなどといったスマートデバイスのGPS機能をオンにしておけば、その当該デバイスの位置情報をDAMSsyの管理画面に表示させることができます。位置情報と併せて直行直帰の報告が可能なので、虚偽の報告がないかどうか管理することができます。

ただ、デバイスの位置情報がDAMSsyの管理画面で取得できない場合があります。このような現象が発生した場合には、現在地リクエストを送ってみてください。

というのもデバイスの位置情報の更新は、Android端末の場合は15分単位で更新され、iOS端末の場合は大きく移動した場合に更新されます。しかし、屋内や地下鉄など、GPS電波が取得しにくい場所にいると更新されません。そこで、現在地リクエストをデバイスに送ることで、位置情報の更新がなされるのです。

位置情報表示:
動経路の確認、最終更新位置の確認
1ヶ月分の履歴

現在地リクエスト:
端末に現在のGPS情報を要求(iOSは送信されたプッシュをクリックして更新、Androidは自動更新)

住所録データとGPSの連動:
取引先情報と社員端末の現在位置を照らし合せて地図上に表示

なお、デバイスが紛失や盗難に遭い「SIMカードを抜かれる」といった事態に遭遇する可能性もあります。その場合、通常のMDMでは位置情報を特定できないことがありますが、DAMSsyならWi-Fi環境に接続されてさえいれば位置情報が更新されます。そのため管理者は、当該デバイスの紛失や盗難を早期に感知することができます。

万が一の際には、DAMSsyプッシュ機能を通じて、デバイスの拾得者に対しメッセージを送信することも可能となっています。

また、DAMSsy管理画面の「位置情報設定」画面で位置情報を取得する時間や曜日を設定することができます。この設定により、就業時間以外の監視はできなくし、社員のプライバシーも守ることができます。