MDMの遠隔ロック (リモートロック)による端末の制御

デバイスを紛失あるいは盗難が判明したときには、すぐに遠隔から画面ロックがかけられます。

 

iPhone/iPadやAndroidなどのスマートデバイスにパスワードが設定されている場合、DAMSsyから遠隔で操作して画面ロックをかけることができます。この機能のことを遠隔ロック(リモートロック)と呼んでいます。

数多くの「MDM(Mobile Device Management:モバイルデバイス管理)」機能を持っているDAMSsyには、「リモートワイプ(工場出荷時へ初期化)」と「遠隔ロック(リモートロック)」という基本機能ももちろん搭載されています。

リモートワイプとは、スマートフォン/タブレットなどのスマートデバイスに保存されているデータを、インターネット回線を通じて遠隔地から消去したり、無効化したりして、デバイスを工場出荷時の初期状態に戻せることができる機能のことです。

リモートワイプは、重要情報や個人情報などを保存しているデバイスを紛失したり盗難に遭ったりした際、デバイス本体に保存されているアプリやデータ(Android端末の場合はSDカードに保存されているデータも含む)をすべて遠隔で消去できるのが特徴です。

そのため、デバイスの紛失や盗難が確実な場合には有効な手段となります。

翻って、遠隔ロックはデバイスに遠隔から画面ロックをかけるだけです。そのため、デバイスが紛失をしたのか盗難をされたのかが不明な状態であれば、すぐにリモートワイプをするのではなく、まずは遠隔ロックをかけておきましょう。

DAMSsyの管理画面で遠隔ロックをかけたいときは、当該デバイスを選択し、右上部に表示されている「鍵(ロックをかける)アイコン」をクリックします。すると、ロック画面が表示されますので「実行」をクリックするだけで遠隔ロックは完了です。

この操作を行えば、もし万が一、紛失や盗難にあったスマートデバイスを使おうとしても、パスワードがわからない状態ではそのデバイスを使うことができません。そのため、デバイスの紛失時や盗難時における行為として、リモートワイプを行う前の初動対策に適しています。

ただし、遠隔ロックはその仕組み上、「通信できること」が前提となります。つまり、遠隔ロックをかけたいデバイスが圏外であったり、電源がオフになっていたりしたときには、遠隔ロックを行うことはできません。

なお、Androidにも、iPhone/ipadにも、デバイス自体に遠隔ロック機能が備わっています。しかしこの遠隔ロック機能は、デバイス利用者自身が設定をしておく必要があります。その点で、利用者でなくとも社員のデバイスに一括で遠隔ロックをかけられるDAMSsyを導入することは、企業で利用するスマートデバイスの情報漏えい対策対策として有効といえるでしょう。