MDM(Mobile Device Management:モバイルデバイス管理)

MDMは、企業が抱えるスマートデバイスの管理やセキュリティに関するお悩みを解決してくれるソフトウェアです。

「MDM(Mobile Device Management:モバイルデバイス管理)」とは、iPhone/iPad端末やAndroid端末といった複数のスマートフォン/タブレットなどのスマートデバイスを、統一したポリシーのもとで遠隔から一元的に管理できるソフトウェアのことです。

現在、企業におけるスマートデバイスの業務利用が広がっています。それに伴い、デバイスに機密情報や個人情報などを保存しておくパターンも増えています。しかしスマートデバイスは、PCと比較しても紛失や盗難に遭遇する場面が多くあります。このような場面で、情報漏えいから守るためにデバイスを管理する必要が生まれました。

しかし、スマートデバイスは対象となる端末の数が多く、iOSやAndroid OS、Windows OSといったようにOSの種類も多いことから、管理する側の負荷も大きくなります。その負荷を軽減するため、スマートデバイスを簡単に、そして安全に一元管理できるMDMが生まれたわけです。

MDMでできることは多岐にわたっていますが、企業でスマートデバイスを使う際には求められる「紛失時や盗難時における情報漏えい対策」「不正利用の防止」「端末情報の収集とポリシーの一斉適用による管理の効率化」が主な機能です。

さらにMDMには、このような機能以外にも、スマートデバイスのセキュリティ保護や管理のために数多くの便利な機能が搭載されています。

セキュリティの観点からだけでなく、スマートデバイス管理負荷の軽減のためにも、いまや企業におけるMDMの導入は必須だといえるでしょう。

そのほか、MDMには「MAM(Mobile Application Management:モバイルアプリ管理)」機能や「MCM(Mobile Contents Management:モバイルコンテンツ管理)」機能も備わっているものもあります。

MAMとは、デバイス全体を保護するMDMとは異なり、業務アプリケーションとそのデータを適切に管理する役割を持っています。たとえば、企業でスマートフォンやタブレットアプリの「ホワイトリスト」「ブラックリスト」を定め、対象外のアプリをインストールしようとしたデバイスがあれば管理者に通知するというものです。

社員が使用している各スマートデバイスへ既にインストールされているアプリも、管理者なら一覧で確認ができます。そのため、危険なアプリを使っている社員がいないかどうか把握することが可能です。

また、業務に必要なコンテンツだけを管理する機能はMCMと呼ばれます。MCMの代表的な機能として、「ドキュメント配布機能」があります。

たとえば、社員に対して一斉に配布したいエクセルやワード、パワーポイントといったOfficeファイルや、PDFなど、大容量データの配布が簡単にできるのです。GoogleAppsのようなクラウドサービスを導入していないのであれば、便利に活用できる機能です。

このMDMとMAM、MCMはそれぞれ特化した製品もリリースされていますが、それらをすべて統合した製品を選ぶことをおすすめします。

使いやすい管理画面

・3ステップで使いやすい管理画面、情報システム部のような専門知識がなくても簡単に自社の資産を管理することができます。

・管理者の利便性を追求したユーザーインターフェイスを設計しており、マニュアルを読まなくてもすぐに使用可能です。

・管理者の知りたい情報を3ステップで、簡単に確認できます。