VPP (Volume Purchase Program)を通じてアプリを配布 (iOS)

VPPでは、組織のニーズに合うアプリケーションやブックを見つけて、一括して購入・配布できます。

VPPとは、アップル社が企業向けおよび教育向けに提供するプログラムです。VPPを利用することにより企業または学校はApp Storeで提供されているiOS向けアプリケーションを予めまとめて購入し、従業員、教職員または生徒等に配布できます。

DAMSsyでは、Volume Purchasing Programで購入したアプリを管理コンソールから特定のデバイスやユーザに割り当てることができます。また、デバイスに配布したアプリの割り当てを削除して、別のデバイスまたはApple IDに割り当て直すことができます。

VPPの管理配布方法は以下をご参照ください。

VPP管理配布
①ユーザへの割り当て
VPP管理配布
②デバイスへの割り当て
iOS 7 以降、または OS X OS X Mavericks 以降が必要です。iOS 9 以降、または OS X OS X El Capitan 以降が必要です。
有償および無償のAppが対象
Appは MDM サーバに割り当てられ、配布されます。
Appは、1 つの Apple ID への割り当てを解除し、必要に応じて別の Apple ID またはデバイスに割り当て直すことができます。Appは、1台のデバイスへの割り当てを解除し、必要に応じて別のデバイスまたは Apple ID に割り当て直すことができます。
ユーザが Apple ID を持っていて、管理配布への参加依頼を受理する必要があります。Apple ID または参加依頼は不要です。
Appはユーザに割り当てられます。ユーザが「購入済み」からAppをインストールできます。または、MDMでAppを自動的にインストールすることも可能です。Appはデバイスに割り当てられます。ユーザの「購入済み」には表示されません。MDM または Apple Configurator 2 でインストールする必要があります。
割り当てられた Appは、そのユーザが所有するどのデバイスでも使用できます。割り当てられた Appは、割り当てられたデバイスを使うユーザならだれでも使用できます。
Appはファミリー共有のメンバーと共有されません。

また iOS9以降のiPhoneやiPadに割り当てられたVPPアプリは、インストールの際にApple IDのパスワード入力を要求されませんので、お客様の必要によってはApple ID/パスワードを公開せずに運用することができます。

さらに 監視モードに設定してあるデバイスでは使用者の操作なしでもVPPアプリが勝手にインストールされます。(サイレントインストール)